ソフォス シンクロナイズドセキュリティソリューション導入事例(リフォーム業)

インシデントを自動化!ソフォスのソリューション

本社事務所と営業事務所をお持ちで一部リモートワークを実施中のお客様で
ソフォス XGS116 ファイアウォールとIntercept X Advanced with EDR(現在はXDR)を
クライアントPCとファイルサーバーにセットでご導入いただきました。

それまでは個人向けのセキュリティソリューションを個別に導入しており ライセンス管理も期限切れが起きてからの対応というなかなか管理に手が回っていない状況でした。 そこでちょうど既存のUTMの保守サービス終了に合わせて 弊社にお声をかけていただき、上記の状況に最適なソフォスのセキュリティソリューションをお話させていただき、他社製品との比較をしていただきました。

本社事務所はXGS116とIntercept Xの組み合わせによるインシデント対応自動化の
「シンクロナイズドセキュリティ」を実現しつつ
各拠点やリモートワークのPCをIntercept Xで保護しながら
セキュリティソリューションの契約切れなどによる保護の空白期間の発生を
リモートで管理できるクラウド管理システム「ソフォスセントラル」でしっかり管理することが可能となりました。

また、個別のセキュリティステータスも「ソフォスセントラル」や
XGSファイアウォールとの連携により明確化できており
意識せずともレポート・ログ収集できているところが
導入支援を行った弊社としてもソフォス強みだと感じております。

また、ソフォス正規パートナーとして
お客様のIntercept X及びXGSファイアウォールの管理支援を行っております。

それらはすべてソフォスのクラウド管理プラットフォームの
ソフォスセントラルを使用して行っております。

ポリシー設定やWebサイトのブロック設定などの
調整やIntercept Xの展開支援などを行っております。

現在はスペースの問題で本社と営業事務所がわかれているそうですが
統合した際には営業事務所のPCもシンクロナイズドセキュリティによる保護の強化と
リモートワーク環境に対してもXGSのVPN機能などを利用してシンクロナイズドセキュリティを実現できるように
改善しながら運用を支援していきます。